2022年06月12日

サードアルバム 『ホール』



このアルバムは、9曲で構成されている。

1. Hole
2. Over Time
3. The Romance of the Rose
4. Golden Dawn
5. Dazzling
6. Degital Twin
7. Starless
8. Pink
9. Ambient Space

録音メンバーは、ボーカルは全曲「Khan」、ギターは俺、ベースは「V(ブイ)」
リズムトラックやその他の効果音は全て自分自身で制作している。
Youtubeでは、Dr. Shiba と書いていたりするが、Toshibaのパソコンを使っているので
そのもじりだったりする。あまり意味はないけどね。
映像協力で、「Zukki」かな。制作時期は、映像も含めると2022年3月〜5月。

彼らがいなければ、アルバムも動画も完成していないし、
世にリリースできていないので感謝したいね。「ありがとう!」

さて、アルバムのテーマは結構壮大で、宇宙、異次元の世界、
アカシックレコード(記憶の間)みたいなイメージの楽曲で構成した。

Holeを1曲目に持ってきたのは、一気にこの世界に引き込むというか
ブラックホールというと違うかもしれないが、そんな感じかな。

YoutubeにアップしているPV(プロモ・ビデオ)はスタジオ入りして
動画撮影を実施した。

動画撮影は、結構面白くて、この曲では歌っていないが、動画としては
「Zukki」の動きが妙に気になる様な動きをしてくれている。
自由に動いてもらったんだけと、まるで太極拳みたいな動きも入っているし
山海塾みたいな、ちょっとアンダーグラウンド的な動きにも見えなくもない。

「Zukki」とは対極だが、「Khan」さんは、動いていないし
ベースの「V」は、存在感を醸し出しながらいい動きをしている。
ベースラインもユニークでいいベーシストだと思うな。









2曲目〜5曲目は、それぞれ曲のカラーは違うが、
どの曲も強い印象を受ける曲になっているかなと思っている。

なかでも『The Romance of the Rose』は、サブスク配信して
結構順調に再生回数を伸ばしている曲だが、
幻想的な曲、構成、歌詞、色々な要素が組み合わさっていて
非常に面白い曲になったと思っているし、自分でもよく聴く曲でもあるかな。




6曲目『 Degital Twin』は、『Hole』と対をなすような曲だ。
両方の曲に、少々クレイジーなギターソロを弾いている。
一発録りだけど、それなりに雰囲気はだせているかなと。







7曲目〜9曲目は、アルバムの締めくくりに向かう曲群だが、
どの曲も、精神世界や、広がる宇宙を感じさせるイメージの
曲を制作した。

「Khan」さんの歌で一気に、曲に面白みが増したかな。

それでは、3枚目のアルバム解説はこれぐらいで。
4枚目のアルバムも、同時期に並行して制作していた事もあり
7月以降でリリース出来ると思う。

では、また

Mode Automatic 「KEI」


posted by 蘇るロック黄金時代 at 16:06| Comment(0) | プライバシーポリシーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク